私が住みたい輸入住宅

どうして輸入住宅に多くの方が憧れを持っているかですが、日本人は欧米に憧れを持っており海外ドラマの家の様子や家具などを真似する人が多いと思います。日本の家屋は古い、木造、田舎といったイメージを自分はもっています。欧米の住宅は日本の住宅に比べて、耐用年数が長く次の世代も使えるように丈夫でかっちりしていて窓が大きく、天井が高いので基本的な住の能力が高いと思います。私が住みたい輸入住宅は、北欧系の住宅でヨーロッパの街並みでよく見る窓が大きい、天井が高く部屋のフローリングとクロスはシロ系統の色合いの住宅に住みたいです。しかし、輸入住宅はデザイン性や家の機能として素晴らしいと思いますが、心配なことが地震対策についてです。日本の住宅は長年の地震の経験から基礎部分がしっかりした家が多いと思いますが、輸入住宅は耐震精度がどれくらいのものなのかとすごい気になります。欧米で地震が起きたニュースを見ると必ず家が倒れていたりしますが、日本の住宅では必ずしもそうではないからです。

輸入住宅を取り扱っているところがない?

輸入住宅は、憧れてきなものとして頭の中にあります。そんな家に一度でいいから住んでみたいと、そのような気持ちになるのは私だけではないと思うのです。そしてその輸入住宅について、実際にどんなところで取り扱っているのかと調べて見たことがありました。

 

そのことについては、とても興味がありますね。どうしてもその住宅を建てたいと思う人は、必死になって調べることでしょう。私もそのことについて、とても興味があったので調べることにしました。ところが、そのことについて途中で断念することになったのです。それはなんといっても、その情報が少ないということです。しかも自分が住んでいる地域では、その住宅について扱っているところがないのではないかと思ったこともありました。

 

いろいろな住宅メーカーがある中で、その輸入住宅としての展示場も行ったことがないのです。そのため、イメージをするしかできずに困ったことがありました。もっと多くの情報があれば検討しやすいです。
輸入住宅や注文住宅に力を入れている業者のモデルハウスが豊田市にあるという情報をやっと得たので、見に行こうと思います。