猛暑がくる地域でも寒冷地の輸入住宅はアリ

PR|インテリアのデザインも素敵な輸入住宅|

「金に糸目を付けない」のでしたら、輸入住宅でマイホームを建てたかったという思いはあります。マイホームの費用に上限を設けなくていいのでしたら、そりゃあもう輸入住宅を選びたかったものですよ。だってやっぱりステキですもん。

そりゃあまあ、周辺の瓦屋根の日本家屋の中に輸入住宅を建てたのでしたら、「なんか浮いている」と思えなくもないですよ。というか、実際に昭和の時代から建っている家が多くある住宅街の中に建っている輸入住宅は、周辺から浮いていますけれどね。

しかし、輸入住宅の中に入ってしまえばわからないものですし。逆にいえば、輸入住宅の家の中は別世界とでもいいましょうか。室内は「外国の家みたーい!」と思うのですよね。私の友達の家が、輸入住宅なのですけれど、やっぱりステキだと思いますもん。

住宅設備は日本のメーカーのものですし、フローリングにしても壁材にしても、日本のメーカーのものだということなのですが、やっぱり全体のデザインが外国のものですから、「違うな!」という印象ですね。

先ほども言いましたけれど、外観からして海外の住宅なのですよね。色の配色が日本の家屋にはないような配色で。たとえば、深い緑を窓枠に使ったりですとか、屋根の赤色にしても「朱色」ではなく、えんじ色というか、オレンジの色味も感じる発色のいい赤色を使っていたりですとか。「なかなか日本の家ではこの色は持ってこないよなー」と思われるような配色がステキだなーと思いますね。

そして友人宅は、寒冷地の輸入住宅だということもあって、冬が温かいのですよね。室内にいる時は、まるで海外の住宅で冬を越しているような感覚にもなりますね。壁材にしても床材にしても明るめの色が選択されているなど、「冬が寒い地域の人は冬を明るくする暮らしを心得ている」と思いましたね。ですから冬でも気分良く過ごせる住宅だと思いました。

ちなみに、6〜9月までは確実にクーラーが必要な地域に、寒冷地の輸入住宅は建てられているのですが、生活事態に違和感はなさそうです。初夏でも室内の方が涼しくて快適ですしね。友人宅におじゃまして、「猛暑がくる地域でも、寒冷地の輸入住宅もアリだな」と思いましたもん。

PR|英語上達の秘訣|貯蓄|家計見直しクラブ|お家の見直ししま専科|サプリメント|住宅リフォーム総合情報|童話|クレジットカードの即日発行じゃけん|JALカード|マッサージのリアル口コミ.com|お小遣いNET|健康マニアによる無病ライフ|アフィリエイト相互リンク|オーディオ|内職 アルバイト|生命保険の口コミ.COM|